矯正治療について

矯正治療の治療方針

当院は患者様のご希望を詳しくお聞きして、ご希望に沿った治療を提供いたします。
オリジナルの治療と技術で、患者様のご負担ができるだけ少なくなるように工夫をしています。

  • 独自のテクニックを用いて、できる限り非抜歯で治療することを心がけています 。
  • 痛みの少ない治療を心がけています。柔らかくて細いワイヤーを使用し、歯に負担をかけないやさしい治療を行います。
  • マウスピースタイプの取り外しができる装置を使用した治療も行っています。
  • お子様には、ワイヤーを使用しない治療法も取り入れております。
    治療費用は症例によって異なりますので、一度ご来院いただきご相談ください

床矯正(拡大床、拡大装置)は注意が必要です!

床矯正(拡大矯正・抜かない矯正)として一般的に知られているようです。本当に床矯正装置だけで治せる症例はごくわずかです。学問的には、取り外し式のプレートで歯を動かす装置を床矯正装置と言います。ホームページ上で床矯正というと「取り外し式の装置で歯を抜かずに綺麗な歯並びになる夢の様な装置」として取り上げている場合があります。実際は、決して夢の様な装置ではありません。歯の生え変わりの時期にデコボコの改善のために床矯正装置で歯列を拡大しても、ほとんどの場合は永久歯で矯正装置を用いた仕上げの治療が必要になります。床矯正装置による拡大だけで綺麗な歯並びになった場合は、そもそも治療が必要なかったのかもしれません。不正咬合になった原因は患者さんによって異なります。顎を拡大すれば誰でも自然と歯がきれいに並ぶわけではありません。床矯正装置だけで治せることを謳っている場合には注意が必要です。床矯正装置を用いて治療する場合は、将来の予測(いつまでどの装置を使用するのか、広げた歯列は将来にわたって安定するのか、永久歯列でのエッジワイズ装置をつかわなくてもよいのか等)をきちんと聞いてください。将来の見通しがなく使用するのは大変危険です。
そもそも拡大装置とは、歯列の幅を拡大しているのであって顎を広げる作用があるかどうかは不透明です。

矯正治療における白い詰め物について

歯並びが悪くなる原因は様々ですが、歯並びが悪い方の多くは悪い歯並びで間違った噛み方をしています。
この噛み癖をそのままにして矯正治療を開始すると、歯が動きにくかったり、治療に際して痛みが強くでてしまったりします。
そこで、歯の噛む面に白い詰め物を埋め込むことで、今までの間違った噛み合わせを変え、歯や顎の動きを自由にすることができます。このことは本格的なワイヤー矯正を始める際の下準備として非常に有効です。
この方法は、矯正専門医の先生でもしていない治療法なので、他院では不思議に思われる方もいると思いますが、確立された治療法ですのでご安心ください。

新しい咬合誘導法<予防矯正>

乳歯から永久歯への生え変わりの時期に、きちんと管理を行うことで将来の歯列不正のリスクを軽減することができます。元来は、乳歯の抜歯や乳歯を削る、そして床矯正などにより予防矯正を行っておりましたが、当院ではより楽で効果の高い治療法を導入しております。
かといって非常に大がかりなことが必要なわけでも、装置が必要なわけでも、高額な費用が必要なわけでもありません。ご興味のある方は一度ご相談ください。