当クリニックのこだわり

従来の歯科技術とデジタル先端技術の融合

歯科治療にもデジタル化が進んできています。
当クリニックでは開業以来様々なシステム、技術を取り入れてきました。
それでもやはり従来の技術が必要なくなるということはありません。
そこで従来の治療の良さを生かしつつ、デジタル技術を適応することでより良い歯科治療が行えると考え、それぞれのの融合を目指しています。

従来の歯科治療とは

虫歯を削る、詰める、歯を抜く、入れ歯を入れるなど歯科医師が手を動かして行う治療を言います。
様々な技術を習得することで、より早く、正確な治療を行うことができます。
いわゆる職人技です。

従来の歯科治療をより精度高く行うための当院の工夫はこちら

デジタル技術を応用した歯科治療とは

CT撮影により、3次元的な診断を行ったり、PC上で治療のシミュレーションを行い、そのデータに基づいて治療を行ったりするものです。詰め物をPC上で設計し、作製することもできます。その他にも高周波技術を使用したり、様々な波長のレーザーを使用したり、音波振動で骨を削ったり、特殊なパウダーで虫歯を削ったりすることができます。

当クリニックで使用しているデジタル先端治療はこちら