デジタルデンティストリー

口腔内スキャナー(IOS)と3Dプリンター

この2つを使用することで、お口の中の模型を従来の印象材を用いた型取りなしで作製することができます。

IOSとCADCAMシステム

当院ではセレックシステムおよびExocadシステムを使用し、型取りなしでの被せもの、詰め物の作製を行うことが可能です。(各種条件あり)

IOSを使用したマウスピース矯正治療

従来の型取りを必要とせず、スピーディで高精度な矯正装置の作製が可能です。

IOSとCTを使用したインプラント治療

お口の中のデータとCT画像を合成することで、より緻密なインプラントシミュレーションを実施可能です。また、プラン通りの位置への埋入をアシストするガイドの作製が可能です。
ガイドを使用することで、手術時間を従来の5分の1程度まで短縮し、患者様の精神的、肉体的負担を非常に軽減できます。
また被せものの作製に際しても、従来の型取りを必要としません。

※すべての症例で対応可能というわけではありません。詳しくはご相談ください。